愛車を売る時や

*** PR ***

  • 愛車を売る時や、また愛車の買取時も印鑑証明が必要になります。http://www.mag2market.com/

    この印鑑証明という書類に関して解説していきます。

    印鑑証明というのはある印鑑に対して、それが実印であるという事実を裏付ける正式な書類です。

    印鑑証明がなければ、その印鑑が実印であるという事実が裏付けられません。

    決して小さくない売買になる中古車の買い取りですから、必然的に実印が要ることになりますがそれとセットで印鑑証明書が要るのです。

    印鑑証明を交付してもらうためには、発行前に印鑑証明することが必要です。

    印鑑証明書に登録する印は正式には実印と言われ同じものが二つとない判子でなくてはなりません。

    印鑑を持って自分が住む市役所などの窓口へ出向けば、印鑑登録をすることができます。

    印鑑登録をすれば印鑑登録カードが交付され印鑑登録手続きをしたはんこは実印として使えるようになったということになります。

    印鑑証明書を発行してもらうためには市町村役場の受付で、印鑑登録証明書交付申請書という書類に必要事項を書き込んで、印鑑登録カードを出すだけで大丈夫です。

    また、自動交付機でも印鑑証明の書類を発行してもらうことができます。

    印鑑証明には有効期限などはないのです。

    ですので、どんなに前の印鑑証明だとしても効力はあるということになります。

    ただ中古車売却の際は必要となる印鑑証明は3ヶ月以内に発行された書類とされています。

    普通は期限を定める必要はないですが、自動車売却時には買い取り先が期限を設定していますので、もしも中古車買い取りを検討している場合は買い取りが成立する前に準備しておくことが必要です。