合わないということもありません

*** PR ***

  • 自動車重量税、別名重量税とは、国産メーカーの自動車やアメ車等車の生産国やハッチバック、ステーションワゴンという車体に例外なく、レクサスやGM、などにも同じように負担義務を課せられている税金のことをいいます。俺得修額旅行 キャシー

    新車を登録するさいもしくは定期車検の際に支払わなければいけないお金なのです。ベッド通販bednet店長の日記

    支払額はその愛車の重さによって決められています。慰謝料 興信所

    「自動車重量税」と「自動車税」では完全に別のものなのでしっかり理解して勘違いしないようにする必要があります。髪綺麗にする

    「自動車重量税は車の車重毎に」「自動車税とは車の排気量によって」税額が違います。リノール酸低減式

    それにより、引き取りする時の待遇も異なってきますから注意しましょう。

    自動車の買い取りのときには既に支払った金額がどれだけ残っていた場合でも、その税金が返還されるようなことはないですが、一方、自動車税でしたら、支払い済みの金額を売却額に乗せてくれるケースがあるものの、重量税に関しては上乗せしてくれるケースはなかなかないのが現状です。

    重量税については車の処分時に支払い済みの額が残っているとはいえ中古車買取店にてそれが配慮されることはほとんどないのです。

    ですのでその次の支払い要は次回の車検まで待ってから売るという方法がベストでしょう。

    自動車買取時は戻ってこないのが重量税ですが一定の条件のケースでは還付されることがあります。

    この事例というのは、車検期間が残ったままの車を廃車として処理するケースです。

    要するに抹消登録をすれば残っている期間に応じた重量税が返金されます。

    ただし中古車の売却時はその中古車が廃車になるのとは違って返金されません。

    また、手放す自動車の名義変更をしてしまった場合や盗難にあった場合も還付してもらうことは不可能です。

    重量税が残っている愛車を手放すというのは要するに車検期間がまだある自動車です。

    店側も忖度しますから重量税が残存していれば、それなりに売却額が上がることでしょう。

    当然、売却額は買取業者によりまちまちなのですが車検が残っている事実が忖度されれば、売却する自動車の買取額からみたらそんなに割に合わないということもありません。