クレジット会社にとって微塵もプラスになり得ないような使用

*** PR ***

  • 換金する目的で列車等の乗車切符などを大量に購入してしまう・・・カードのキャッシュ化サービスというもの利用しないで自ら現金化を目的としてカードを使用するのも同じです。

    現金に変えることを目的としているクレジットカードの利用であればクレカのルール違反扱いとなってしまうからです。

    必要以上の電車等のチケットであったり切手通販などでのクレカ利用は、最悪換金する目的じゃないか??などという風に睨まれてしまう場合などもあるため配慮することするべきです。

    さらに言うと、すでにキャッシング利用枠というものが上限となっているカードの場合、新幹線等の切符などを購入することにトライする瞬間にクレジット会社の連絡が来てしまう場合もあるため経済状態が悪い時の利用についてはさせなくなっている模様です。

    資金に問題がある際に企てる内容はたいてい似たようなものであるのでしょう。

    クレジットカード発行会社から見て問題な使用をしてしまう》話題だった『永久期間』といった、クレジット会社にとって微塵もプラスになり得ないような使用を行った場合にはクレジット会社の方から失効という処理がされてしまう例などもあります。

    Web上に出回った決済ポイントの不正な搾取等の流通していない秘密の手段などというものが存在したとしても、そんな行為は絶対にクレジットのルールに反することになるので絶対に試さないようにしてください。

    強制没収の内容は信用機関へ流れる●没収させられてしまったとしても違う会社のクレジットカードについては使えるのであるから、1枚くらい問題ないじゃん?などと考えるあなたは昨今の情報流通社会ではその考え方が命取りになる危険もあります。

    その理由は、そもそも没収となってしまう状況には、カード会社各社が入手出来る信用情報というものへ強制退会の個人情報が記録されてしまうために強制退会された人の信用というものがガタ落ちとなる可能性があるからです。

    所有する一社であったとしてもクレジットを失効となった場合その他のカードであっても契約しにくくなることもありますし最悪所持しているカードさえも失効扱いになる場合もなくはないでしょう。

    強制退会は免れて引き続き利用できる場合でも使用期限満了の時に継続利用できなくなることになります。

    とにかくくどくど述べたように、強制退会させられるほどの使用方法は絶対なさらないよう規約を守ってクレカをご利用頂きたいと願っています。