大手貸金から断られるようになった負債者に対し

*** PR ***

  • 書籍の宣伝広告、スポーツ新聞紙、電話ボックスに貼られた宣伝広告やダイレクトメールなどで「多重負債の効率化やります」「多重借金を統合したいと思ったら」というアピールを目にすることが多いです。海信ゼミ4期

    「整理人」「買取人」「つなぎ屋」と呼ばれている業者のおとり広告の場合もあったりします。アヤナスリニューアル

    そういったものを申し込んだ際には破産申立の流れの中で最優先の免責承認を受けられなくなる危険性もありえます。カイテキオリゴ 子供 量

    「整理業者」の場合ビラなどで借金のある人を呼び出し法外な手数料を受け取って整理を行うのですが実際のところ整理はなされず、負債者はもっと借金スパイラルに堕ちてしまうケースが9割方と考えてください。マグロの栄養価や効能

    「買取専門人」は、債務人の分割払いで、家電製品、旅行の券などをたくさん購入させその物品を売値の3割ー40%で買い直すという手段が主です。

    負債人は一時的には小金が手に入りますが、いつかカード業者経由の買ったものの販売額の催促が届くことになり、結局のところ借金額をアップさせることになります。

    この際はカード業者に対する犯罪行為とされてしまい免責許諾を受けられません。

    「紹介者」の場合、大手貸金から断られるようになった負債者に対し、業者として金貸しはしないで、資金提供を可能である企業を教え、高いサービス料を取っているグループです。

    つなぎ業者は専門的な手続きで貸出してもらったというふうに解説しますが、現実には何もせず審議のゆるい会社を教えているだけです。

    このケースだと実際は負債を悪化させることになります。